排水溝のつまりを防ぐには日々の掃除と気遣いが必要

排水溝とは、家庭や企業・工場で使用された水や薬品が流れていく部分の総称です。以前の日本では、使用済みの薬品をそのまま排水してしまうと人体や環境に多大な悪影響を与えてしまうため、処理された後に排水されていましたが、家庭排水はそのまま川や海に流されていました。しかし、家庭でも洗剤などが多く使われるようになり、人口の増加も重なって自然が排水を浄化できる能力を大きく超えてしまうようになり、不衛生な状態が拡大してしまったのです。この為、排水設備の整備が急ピッチに進められ、浄化槽や下水処理場の排水を浄化させる設備の数が伸びていきました。この事により、病原菌の媒体となるハエやゴキブリ、ネズミなどの数は、昔に比べるとかなり少なくなり過ごしやすい環境になったといえます。

排水は汚れが堆積しつまりが起きやすい

家庭での排水設備に注目してみましょう。家庭での水回りとしては、キッチン・浴室・トイレ・洗面所などが主な設備になります。このひとつひとつには、給水と排水が対となり存在しています。排水溝は、先に述べたように使用された後の汚水が流れるようになります。現在の排水管は表面が滑らかで腐ることのないプラスチック樹脂で作られていますが、顕微鏡レベルで見るとやはりオウトツがある為、長い時間を得て汚れが蓄積してしまいます。特にキッチンから出る排水には油分が含まれることが多いです。油分は流れる間に冷えて固まり、配水管のオウトツに付着してしまうのです。それぞれ別系統の排水管も最終的には大きな一本の排水管に繋がり汚水が流れていきます。したがって油の付いた管内部に髪の毛や糸くずなどが引っかかりつまりの原因となってしまうため、流入させないことが大切です。

つまりを防ぐ方法とつまってしまった場合の対処法

排水設備にはなるべく汚れを除去した水を流す事がトラブルの予防になりますし、何より環境にやさしいと言えます。各家庭で注意することで美しい地球を守ることになるのです。
キッチンで洗い物をする場合は、食べ残しや油を出来る限り除去するようにします。古新聞などでひと拭きすれば、かなりの予防効果になります。また、排水口には髪の毛等の異物が流れないように流入防止ネットなどを活用しこまめに掃除するようにしましょう。つまってしまった場合は、市販のラバーカップを用いて貫通させることができることもありますが、それでも改善しなければ、変に針金などを突っ込んで無理矢理行うのではなく、プロに頼むようにすることが大切です。専門業者では、管内の掃除も行ってくれる高圧洗浄機を保有していますので、とてもきれいにすることができます。

ピックアップ記事

排水溝のつまりの原因には何があるか

お風呂やキッチンなどで、突然水が流れなくなってしまったというトラブルが発生することは意外に多くあります。排水溝がつまることが原因ですが、何か大きな問題が突然発生したというわけではありません。日々の生活...

高圧洗浄機を使用した排水溝のつまり解消法

普段排水溝を見ることはほとんどありません。流し台の水が流れない時や異臭がする、水が流れきるのに時間がかかるなど突然起こって処置に困ってしまいます。排水がつまると家中の水と関係しますので、水道やお風呂、...

排水溝のつまりの原因と予防法について

水回りのトラブルにはつまりと水漏れがありますが、どちらも老朽化に伴い発生率は高くなります。排水溝などの場合は、キッチンでは食器やフライパン、鍋などに付いている食べカスや調理時に流した食材のカスなどが溜...

排水溝のつまりを防ぐには日々の掃除と気遣いが必要

排水溝とは、家庭や企業・工場で使用された水や薬品が流れていく部分の総称です。以前の日本では、使用済みの薬品をそのまま排水してしまうと人体や環境に多大な悪影響を与えてしまうため、処理された後に排水されて...


コンテンツ

カテゴリー